Loading...

企画開発の仕事

企画開発課インタビュー

  • 企画開発課 2016年入社
  • 好きなこと:特に無し
  • 休みの日の過ごし方:ぼーっとしている
  • マイブーム:特に無し
入社前の私

Enazealに入社する前は、アパレル関係の会社で生産管理の仕事をしていました。
しかし2016年、勤めていた会社が倒産をしてしまい、それをきっかけにやりたいことは何かと考えました。

ものづくりが好きだったことと、様々なつながりを可能とするWEBの世界に興味を持っていたことからIT関係の仕事をしてみたいと思いました。
その時、募集をしていたWEBサイト制作の職業訓練校に行くことに決めました。

何も知識がなく「html?」「css?」とわからないことばかりでしたが 初めて作ったWEBサイトをブラウザに表示できたときは、すごくうれしかったです。

4か月間の職業訓練校も終わり、未経験募集で入社したのがEnazeal株式会社でした。

入社後の私

入社してコーダー課に配属された私でしたが、入社して3か月後、Enazealでの転機を迎えました。
企画開発部への異動の話をいただいたのです。

お話を頂いたときは、コーディング業務もまだまだ見習い段階でしたが 少しづつ理解が深まり、知識や技術を習得したいという気持ちが増してきた時だったので迷いがありました。
しかし、Enazealの顔認証技術を用いた商品にふれ、魅力を知り企画開発部へ行くことを決めました。

現在、万引き防止システムや徘徊防止システムなどの改修・改善、顔認証技術を用いた新しい製品の企画などの業務に励んでいます。

今後のビジョン

正直、入社をする前までは顔認証という言葉すら知りませんでした。
しかし、展示会やセキュリティショーなどへ参加をしEnazealの製品を知る機会をたくさんいただきました。

実際に製品を使用してくださっているお客様の声や 日に日にEnazealの製品を利用してくださる施設様や店舗様が増えていくことを肌で感じたときに Enazealの製品が「人や世の中に役に立っているんだ」と胸が熱くなりました。

企画開発部では、近い将来に限らず数年後、数十年後の世の中を見通す力と どんな些細なことでも、世の中の動向に目をやり情報収集をしアウトプットすることが必要だと考えます。

今あるルールや観点にとらわれず常に新しいこと、そして人や世の中に役に立つものを発信していけるように取り組んでいきたいです。