Loading...

企画開発の仕事

企画開発課インタビュー

  • 企画開発課 2015年入社
  • 好きなこと:山登り・自転車・バイク
  • 休みの日の過ごし方:最近は登れる山を物色してます。
  • マイブーム:バイクの試乗をハシゴすること
入社前の私

およそ10年以上、Web業務システムのディレクション業務を担当してきました。
一般的に言われるWebディレクターよりもSEに近くはありますが、SEやプログラマーほどシステム構築に深くはかかわらず、顧客の要望を咀嚼して機能として企画し、エンジニアさんに伝えるためのドキュメントを作成するのが仕事です。
さまざまな業態のお客様からの要望をお伺いするため、非常に幅広い知識が必要でした。
転職のきっかけは、家庭の事情で実家のある名古屋に戻らないといけなくなったためです。
前職を辞め地元で転職活動を始めましたが、残念ながら地元の求人対象になっていたのはプログラマーばかりで、企画者としてスキルを重ねてきた自分には非常に厳しい状況でした。

入社後の私

そんな中、とある転職フェアでEnazealと出会いました。
プログラマーの募集だったため出展ブースを通りすぎるところでしたが、話だけでもと呼び止められて、お話を伺うことにしました。
監視カメラを利用した防犯アプリケーションの開発という、今までに経験したことのない未知の分野でしたが、非常に興味を惹かれました。
IoT(物とインターネット)という、非常に大きな可能性を持ったフィールドで、何らかのサービスを作りたいという希望を持っていた私にとって、非常に魅力的でした。
現在の業務は、要望をヒアリングしてドキュメント化し、エンジニアさんに作ってもらうという、これまでの経験を大きく活かすことができています。
Webシステムの開発は全く違う点も多く、毎日多くの事を勉強しています。
開発体制としては、まさにこれから環境を構築していくという状況ではありますが、非常にやりがいを感じながらものづくりを続けています。

今後のビジョン

今後伸ばしていきたいスキルは、納得してもらう能力です。
これまで意識していた事は、如何にアウトプットの量を減らすことができるかでした。
わかりやすい内容を、適切な分量で相手に合わせて伝え方を使い分けることによって、誤解なく伝える事。
これはお客様に対しても、社内の人に対しても、プライベートでも必要です。
業務知識や、システムに関する知識も重要ですが、いち社会人としてのスキルを伸ばしていきたいと思います。
また、何らかの新サービスを作り上げたいですね。