Loading...

デザイナーの仕事

デザイナーインタビュー

  • デザイナー課 2012年入社
  • 好きなこと:バスケ、将棋、ラクガキ
  • 休みの日の過ごし方:スポーツ動画・将棋動画視聴、ラクガキ
  • マイブーム:辛いものを食べる。
入社前の私

私は芸術系大学の大学院で、主にイラストやグラフィックデザインの制作を行う学生でした。
就職活動では主にゲーム制作会社のグラフィックデザイナーを志望していましたが、私自身の実力面の問題はもちろん、実務未経験での募集の少なさから、なかなか就職先が決まらない状態でした。
大学院での研究も進める必要がありましたが、早く社会に出て働きたいと考えていた私は、まず就職先を決めることを優先して大学院を休学。
ゲーム業界に絞るのをやめて視野を広げ、別のデザイン分野であるWebデザイナーの求人を受けてみることにしました。
Webデザインには興味があったものの、ほとんど知識のなかった私でしたが、未経験可ということで、たまたま目に留まって最初に応募した求人がEnazeal株式会社でした。

入社後の私

大学院を中退してEnazealに入社しましたが、中退したことについて後悔はなく、本当にいい経験をさせてもらっています。
EnazealでのWeb制作業務は非常にスピーディーで、顧客も多種多様です。
他の環境ではなかなか関わることのないような様々な業種のWebデザインを手がけることができるので、世の中には自分の知らない仕事が数多くあり、いろいろな人が働いているということがよくわかります。
Webの知識などほとんどなく、Webデザインの引き出しも全く持ち合わせていなかった私ですが、Enazealのスピーディーで多種多様なデザイン業務をこなす中で、大きく成長できたように思います。

今後のビジョン

デザイン制作では、顧客の期待を上回る満足度の高いデザインを作りたいと、常に考えています。
作った時はいいものができたと思っても、あとで見返すと「もっとこうすればよかった」と思うことがあるので、まだまだできることがたくさんあるはずです。
知識0からスタートしているので、Webに関して知識をもっと吸収して、良いもの・新しいものをどんどん取り入れていきたいです。
また、もともと学生時代に取り組んでいたイラスト制作のスキルも活かせるように、Webに限らずにデザイン業務の幅を広げていければと考えています。